みんなの印象に残るブライダルアイテムとは?

自分たちらしい結婚式にする

個性的な結婚式を目指そう

ペーパーアイテムは、手作りにもできますし業者に依頼もできます。 それぞれに異なるメリットやデメリットがあるので、よく考えてください。 ゲストの人数分のペーパーアイテムが必要なので、誰が参加するのか早く知ることが大切です。 わからない状態が続くと、用意できません。

ゲストが楽しい気分になれるように

ウエルカムボードを、出入り口に飾ると雰囲気が華やかになります。 絵が得意な人なら、新郎新婦の似顔絵を描くと良いでしょう。 写真を張ったり、好きなキャラクターグッズを飾ったりと何でも構いません。 こんな風にしなければいけないと決まっていないので、自由に作ってください。

飾りを持ちこんで良い会場を選択

華やかな雰囲気にするため、会場を飾り付けるがおすすめです。 風船や造花なども、ブライダルアイテムに含まれます。 カラフルにすることで、見ているだけで楽しい雰囲気になるでしょう。 急に飾り付けをすると、会場のスタッフが困惑します。 事前に、必ず伝えておきましょう。

手作りにするか注文するか

みんなと同じような結婚式は、おもしろくないと思う人が見られます。
個性を発揮できるように、ブライダルアイテムに力を入れてください。
そもそもブライダルアイテムとは、何を指すのかみなさんが知っていますか。
ブライダルアイテムは、名前の通り結婚式に使う小道具などを指します。
招待所や当日のパンフレットなどの、ペーパーアイテムもブライダルアイテムに含まれます。
新郎新婦の趣味に合わせて、個性的なペーパーアイテムを作成してください。

また、ウエルカムボードを作る人も増えています。
式場の出入り口に飾って、ゲストのみんなに見てもらいましょう。
新郎新婦の似顔絵を描いたり、思い出の写真を貼る人が多いです。
好きなキャラクターなどがあれば、そのグッズを飾っても良いでしょう。
ウエルカムボードを見ると、ゲストも来て良かったという気持ちになると思います。
ゲストを楽しませるような、ウエルカムボードを作ってください。

会場の雰囲気を華やかにすることも考えてください。
何もないままでは、殺風景なのでおもしろくありません。
せっかく結婚式というおめでたい場所なので、もっと飾り付けをしましょう。
造花を飾ったり、風船などを飛ばしても良いですね。
カラフルな風船を飾り付けることで、一気に賑やかな雰囲気になります。
飾り付けを自分たちでする場合は、持ちこみが許されている会場を選択してください。
事前にこんな風に飾り付けたいと、スタッフに伝えておきましょう。