飾りを持ちこんで良い会場を選択

風船などを飾り付けよう

会場に風船や、造花を持ちこんで飾り付けをする人も見られます。
カラフルで楽しい雰囲気になれば、新郎新婦だけでなくゲストも思い出に残る結婚式になるでしょう。
結婚式は大きなイベントなので、成功させなければいけません。
振り返って楽しい結婚式だったと思えるように、会場を工夫して飾り付けましょう。
まずは、新郎新婦でどのような雰囲気にしたいのか決めてください。

明るくて楽しい雰囲気が良いなら、オレンジや黄色の飾りをメインにしましょう。
飾り付けはしたいけれど、子供っぽい雰囲気になるのは嫌だと感じる人も見られます。
その場合は白や黒でまとめると、華やかですがかっこいい雰囲気になります。
イメージに合わせて、色を組み合わせましょう。

会場の決まりは守ろう

それぞれの会場によって、決まりが変わります。
飾りの持ちこみが許されていないところもあるので、ルールを確認してください。
ですから会場を決める段階で、飾り付けをするのか考えておきましょう。
飾り付けをするなら、スタッフに必ず伝えてください。
自分たちで当日いきなり飾り付けをしたり、ルールを破ったりすることはしないでください。

スタッフに相談すれば、イメージを叶えられるような飾り付けの方法を教えてくれると思います。
新郎新婦だけで、広い会場を飾り付けするのも大変でしょう。
スタッフ何人かに、手伝ってもらった方が良いです。
理想通りの結婚式にするためには、スタッフとこまめに連絡を取ることが重要です。
情報を共有しましょう。